犬とドッグフードの関係とは

昔は番犬として飼われていたことが多い犬ですが、今では番犬というよりも家族の一員として人間と共に生活することがほとんどです。犬の健康も考えられる時代となっており、近年では長生きをする犬たちも増えています。このように、犬の健康状態も年々変わってきていますが、これには食生活が大きく関わっていると言われています。

人間の世界では健康の源は食生活にあると言われていますが、実は犬の世界でも健康の源は食生活にあり、人間と変わりません。しかし、食生活と言っても人間は自分で食べたいものを選ぶことができますが、犬は人間と生活している以上、人間が食べ物を選ぶことになります。そのため、犬は人間が与える食べ物を食べなければなりません。つまり、犬の健康は飼い主次第で変わってしまうということになります。主に飼い主は愛犬にドッグフードを与えることになりますが、ドッグフードにも様々な種類が存在しており、それによって寿命も変わることがあります。ドッグフードによって犬の健康や寿命が大きく左右されるということを覚えておきましょう。

では、実際にどんな食べ物を与えると犬は健康的な生活を送ることができるのかということですが、昔は主に人間の食べ物の残り物などを与えていましたが、人間の食べ物を与えるというのは寿命を縮めてしまうこともあるので、あまりよくありません。人間は穀物類を食べることがありますが、犬は消化を上手くすることができず、下痢やアレルギーを引き起こしてしまうことがあります。そのため、人間と同じ食事ではなく、犬にとって何がいいのかについて考えなければなりません。このサイトでは犬にとって健康的な食事について解説します。